TBB3x3 競技規則

コート/ボール
 コートサイズ:横15mx縦10m
 ボール:Wilson社製3x3オフィシャルボール(6号サイズx7号重量)

試合開始
 コイントス、もしくはじゃんけんで決定する
 ※延長になった場合、試合開始時に守備側であったチームから攻撃を開始する

試合形式
 試合は10分間1ピリオド
 競技時間が終了した時点で特典が多いチームが勝ちとする
 どちらかのチームが21点以上特典をした時点で試合終了となり、そのチームを勝ちとする
 同点の場合は延長戦を行い、2点先取したチームの勝ちとなる
 ※この場合の21点ルールは適用されない
 ショットクロックは12秒(ない場合は、審判の判断で5秒前からカウントを開始する)

得点
 2Pラインの内側は1点(女性・中学生は2点)
 2Pラインの外側は2点(女性・中学生は3点)
 フリースローは1点
 ※2Pラインの内側でのファウルは1本(女性・中学生は3本)
 ※2Pラインの外側でのファウルは2本(女性・中学生は3本)
 ※カウント時は1本

得点が認められた時
 守備側だったチームが攻撃側となり、ゲームを再開させる
 新たに攻撃側となったチームは、リング下からドリブルあるいはパスによって
 一度2Pラインの外までボールを運ばなければならない
 新たに守備側となったチームは、ボールがノー・チャージ・サークルの外に
 出るまではボールに対してプレイしたはならない

ヘルドボールについて
 ヘルドボールの場合、ディフェンス側からのボールで試合再開となる

守備側がリバウンド、スティールしたとき
 ドリブル、あるいはパスをつないで2Pラインの外に運ばなければならない(両足接地)
 その間のディフェンスは行ってもよい

チームファウルによる罰則(7,8,9回目)
 ショット時ではないファウルであっても、ファウルを受けたチームは
 2本のフリースローが与えられる。
 2Pラインの内側からのショットに対するファウルにもこの罰則が適用される
 (ショットカウントでも2本のフリースローを与える)
 ※オフェンスファウルには適用しない

チームファウルによる罰則(10回目)以上
 ショット時ではないファウルであっても、ファウルを受けたチームは
 2本のフリースローが与えられ、さらにボールの所有権も与えられる
 2Pラインの内側からのショットに対するファウルにも罰則が適用される
 (ショットカウントでも2本のフリースローを与え、ボールの所有権も与える)
 ※オフェンスファウルには適用しない

テクニカルファウル/アンスポーツマンライクファウルによる罰則
 【テクニカルファウル】
 ファウルを受けたチームは1本のフリースローが与えられ
 そのフリースローの成否に関わらず、攻撃権が与えられる

 【アンスポーツマンライクファウル】
 ファウルを受けたチームは2本のフリースローが与えられ
 2投目のフリースローの成否に関わらず、攻撃権が与えられる
 ※オフェンスファウルには適用しない

個人ファウルと退場
 アンスポーツマンライクファウルを2個
 またはディスクオリファイングファウルを宣告された選手は退場となる
 ただし、個人のパーソナルファウルはカウントしない

ノット・クリア・ザ・ボール
 ボールの所有権が変わった際に、2Pラインの外側までボールを運ばずに
 ショットをしてしまった場合は、バイオレーションとなる
 なお、ショット以外のプレーをしているときはバイオレーションとならない
 また、その際には審判は片腕を掲げ左右に振ることで、まだボールが2Pラインの
 外側に運ばれていないことを選手に伝えなければならない

選手交代について
 どちらのチームもボールがデッドになり、”チェックボール”が
 行われる前であれば選手交代をすることができる
 なお、審判やTOに選手交代を伝える必要がない
 ※フィールドゴール/フリースローが成功した直後に選手交代をすることはできない

タイムアウトについて
 1チーム1回(30秒)とることができる
 ※延長ではとることはできない
 ※フィールドゴール/フリースローが成功した直後にとることはできない